サジーのサプリメントのおすすめはどれ?メリットデメリットも解説

サジーサプリを飲む

 

サジーの栄養を摂りたいのに、ジュースの味のが苦手という人もいるのではないでしょうか。
また、「もっと手軽に持ち運べたら旅行や出張時も続けられるのに」と、思っている人もいるでしょう。

 

実は、サジーを使ったサプリメントも販売されています。

 

サジージュースとサジーサプリの違いは?

 

サジーのサプリメントサジージュースに比べると栄養価は劣りますが、それでもサジーの栄養が摂れることはできます。

 

外泊時などドリンクを持っていけない時は、サプリを利用するのもいいかもしれませんね。

 

サジージュースとサジーサプリは併用することで、栄養価がアップすることが分かっています。

 

ですので、疲れがたまっているときや体が冷えきってしまう冬場などは、集中して栄養を摂るためにジュースとサプリを併用してみるのもいいかもしれません。

 

では、いったいどんなサジーサプリが販売されているのでしょうか?
さっそく紹介していきたいと思います。

 

フィネス「サジー果皮のこつぶ」

サジー果皮のこつぶ

 

サジーの種類:ビコアサジー
安全性:有機JAS認定、ECオーガニック認定、USDAオーガニック認定取得・残留農薬検査、放射能検査、清涼飲料水規格試験検査実施
価格: 1,440円 60粒入り(1日2〜6粒)
原材料

サジー果皮(サジー由来)、カルシウム(貝殻由来)、ドロマイト(石灰ミネラル由来)、粉末油脂(ナタネ油由来)、ステアリン酸カルシウム(ステアリン酸:パーム油由来)、セルロース(ブナ・カバの木由来)

 

豊潤サジーで有名なフィネスは、「サジー果皮のこつぶ」というタブレット錠のサプリを販売しています。

 

抗酸化作用のあるポリフェノールや日本人が不足しがちなカルシウム、野菜不足の現代人のために食物繊維もたっぷり入っています。

 

豊潤サジーと一緒に摂ることで、栄養価もアップします。
豊潤サジーと同じく、100%天然原料と国内生産で安全性が高いです。

 

一番お得な方法としては、豊潤サジーを3か月ごとの定期コースで申し込むと、プレゼントとしてサプリも選べますので、併用される方はドリンクの注文の仕方を変えてサプリをもらってしまうというのがおすすめですよ!!

 

 

イエロードクタージャパン「チャチャルオイルカプセル」

チャチャルオイルカプセル

 

サジーの種類:記載なし(モンゴル産)
安全性:記載なし
価格: 7,000円 100粒入り(1日に4〜6粒)
原材料

シーバックソーン、でんぷん、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)

 

チャチャルオイルというのはサジーオイルのことで、オイルをカプセルに閉じ込めたのがこの商品です。

 

チャチャルオイルは、原料1トンからわずか2キロしか採ることのできない非常に貴重なオイルです。

 

成熟した実に含まれる、ビタミン・ミネラル類やアミノ酸に含まれる天然由来のオイルを高濃度に配合しています。

 

さらに、ビタミンEの含有量が多く美肌効果(湿疹、ニキビ、アトピーなどの肌荒れ)も期待できるようです。

 

 

オーガランド「沙棘サプリ」

沙棘サプリ

 

サジーの種類:記載なし
安全性:記載なし
価格: 756円 120粒(1日4〜7粒)
原材料

乳糖(乳由来)、沙棘エキス末、デキストリン/結晶セルロース、ショ糖エステル、酵素処理ヘスペリジン、ナイアシン、パントテン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

サプリの専門店オーガランドでも、サジーサプリが販売されています。

 

200種類以上のサジーの栄養素の他に、ビタミンCの働きを助けるためスぺリジン(ビタミンP)や、外食や飲酒の機会が多い方に必要なナイアシン、パントテン酸が配合されています。

 

気軽に購入しやすい価格なので、サジー初心者はまずはオーガランドのサプリから始めるのもいいですね。

 

 

サジーサプリはマツモトキヨシなどで市販されてないの?

サジーサプリはドラッグストアなどで市販されているものはないのでしょうか。
試しにマツキヨなどのドラッグストアを探してみました。

 

サジーサプリ_マツモトキヨシ

 

ですが色んなドラッグストアを探してもありません。
大手スーパー、バラエティショップなども見てみましたがありませんでした。

 

DHCのサジー

 

サプリを多くだしている大手メーカーではどうだろう?と探してみましたがありません。
DHCやファンケルなど探してみましたがだめでした(TT)

 

現在サジーサプリはドラッグストアや大手メーカーで市販はされていません。
それはサジーの希少性のためだと思われます。

 

サジーはユーラシア大陸の乾いた山脈の奥地といった厳しい環境でのみ育ちます。
ですので流通量が元々かなり少なくなってしまうのです。

 

多くの人は飲むことはできないですが、こんな希少なサジーなのですからせっかく知った人は是非お試ししてみてくださいね^^

 

サジーをサプリで摂るメリット・デメリットは?

サジーサプリのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

メリット

サジーサプリメリット

 

飲みやすい

ジュースは栄養価が非常に高いのですが、味が濃く独特のニオイや酸っぱさがあります。
それゆえ苦手な人も多いでしょう。

 

サプリメントですと、水と一緒に飲み込むだけなので、味やニオイを気にする必要なく栄養を摂れます。

 

味が苦手でいろいろ工夫アレンジして飲む方もいるようですが、手間がかかり続けていくのが大変になってしまうようでしたら、やはりお手軽なサプリメントがおすすめです

 

持ち運びに便利

ジュースはボトルに入っているため持ち運ぶのが大変ですし、手間もかかり場所も取ります。

 

サプリメントであれば、軽くて小さいので旅行や出張の際もらくらく持ち運べます。

 

冷蔵庫に保管しなければならないこともないので、外出時にはそれも嬉しいですね。

 

デメリット

サジーサプリデメリット

 

栄養素が劣る

 

やはりサジーサプリはジュースよりも栄養価が劣ってしまいます。
サジーの一部分だけ使ったサプリもありますし、しっかり栄養をとりたいのであればサジージュースを飲んだ方がいいです。

 

また、サジーの果実は種類が多く栄養価もそれぞれ違ってきますが安価なサプリのサジーは質の悪いものの可能性があります。

 

添加物が多くなる

サプリメントにする過程での添加物の心配がでてきます。

 

石油由来の人工添加物は体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

添加物もなるべく天然のものが使われているサプリを選びましょう。

 

結局サジーサプリはどれがおすすめ?

コスパでいえばオーガランドの「沙棘サプリ」が始めやすいですがあまりに安すぎるのも原材料などの不安が残ります。

 

粗悪な添加物や農薬まみれのサジーでは逆に健康を害しかねません。

 

「チャチャルオイルカプセル」は貴重なサジーオイルから作られており栄養価も高いですが値段もかなり高いのが気になります。

 

フィネス「サジー果皮のこつぶ」は値段も手頃で安全性も高いですがサジーの皮のみから作られているので栄養価が劣ります。

 

やはりサジーで栄養をとるのなら一番いいのはサジージュースです。

 

ジュースなら天然100%のもので安全性も高いですし、価格もトライアルなら1000円から始められます。
飲みにくさが不安な人もサジーの1日の目安は大匙2杯程度なのでジュースなどで割れば全く問題なく飲むことができます。

 

おすすめはフィネスのサジージュースで、定期便で継続すればサプリも無料でついてきます。
詳しく解説しているのでこちらも参考にしてみてください。

 

 

サジーFAQ

 

Q:サジーサプリは膀胱炎におすすめ?

サジーサプリは強い抗菌作用をサジーが持っているため膀胱炎に効果的ですがサジージュースのほうがより効果が高いです。

 

サジージュースを飲むとトイレが近くなるのではと思う人もいるかもしれませんが1日の飲む目安は30mlと少量なのでそういった心配もありません。

 

Q:サジーの白髪へ効果があるって口コミは本当?

サジーは髪に必須の栄養成分である亜鉛や黒髪を作るチロシンが含まれているため白髪にも効果が期待できます。

 

トップへ戻る